ブログ

モーハウス×ネパール支援「2015年度グッドデザイン賞」受賞

モーハウス×ネパール支援2015年グッドデザイン賞を受賞
 
この度、授乳服のモーハウスは、2015年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。
 
受賞したのは、“日常生活を取り戻すためのネパール被災地支援プログラム”という、
3.11の東日本大震災を体験に基づいた、被災地を継続的に支援するプロジェクト。
 
モーハウスでは、2012年からフェアトレードの就労支援の一環として、
糸紡ぎから縫製までネパールの女性が丁寧に手作りした授乳服をお届けしていました。
2015年4月のネパール大震災を受け、災害支援策として寄付も考えたのですが、
現地の要望も聞き、持続的に長期にわたる支援をしたいと、これまで以上に仕事を依頼し続けようという結論に至りました。
 
私たちが3.11の被災経験から、日常は小さな子どもたちはもとより、母乳育児中のママにとって
<日常を取り戻すこと>がとても大切であると学んだ知恵を、ネパールにも届けたいと思ったのです。
 
震災翌日から、店頭やウェブサイトで呼びかけたところ、本当に多くのお客様
(授乳中でない方からも)にネパール製品をご購入いただきました。
また、同時にいただいた応援メッセージを、現地の支援者経由で届けたことで、
ネパールのスタッフに勇気と元気を与えることが出来ました。
 
審査員からは、「被災経験者だからこそわかるそれぞれの困っている点を一本の線で結んで
解決している点と持続的な収入源を保つ支援の仕組みであった」と高く評価いただきました。
ひとえにご協力、応援くださり、点をつないでくださったお客様のおかげとスタッフ一同感謝しております。
これからも国は違えど、同じ子を持つママ同士、生産と購入を通じて、長きに渡る支援を続けていきたいと思います。
 
モーハウス×ネパール支援プロジェクトの詳細はこちらをご覧ください。
ネパールから新作が届きました。
この記事をシェアする

関連記事

おすすめ記事

  1. モーハウスは、ジョイセフ東北被災者支援として物資を支援しています。
ページ上部へ戻る