アーカイブ:2006年 10月

  1. 第6回 いいお産の日in神戸 2006

    第6回 いいお産の日in神戸 2006 に参加しました。


    「いいお産」と聞いてどんなことを思い浮かべますか?今まで「お産」について考えたことがなかった方も多いかと思います。赤ちゃんは産ませてもらうものではありません。「いいお産‐自分らしいお産」はその後の子育てにもきっと大きな力を与えてくれるでしょう。昨年に続き、今年もこのテーマで「いいお産の日in神戸」を開催します。
    見て聞いて体験して、秋の1日をお産に浸ってみませんか。

    日時:  10月29日(日) am10時〜pm4時
    場所:  神戸クリスタルタワー3Fホール(JR神戸駅から南東へ徒歩3分‐地下道から通じています)
    参加費: 500円(一家族につき)

    内容:講演会『命の輝き・誕生』  永原郁子氏(マナ助産院 院長) pm1時〜pm3時
    「思いっきり生きておいで」とこの世に送り出された
    一人ひとりの命。備わった能力を精一杯発揮しながら、
    笑顔と笑顔の中で、いきいきと生きていくことが
    「命を輝かせる」ことではないでしょうか。
    しかし幼児虐待や少年犯罪など、悲鳴をあげ、
    傷ついている命もあります。また日常の子育ての中で
    命の輝きがなくなっていくのを感じている人があるかも
    しれません。今一度、命の原点である誕生に目をむけ、
    お互いの命の輝きを見つめてみようではありませんか。

        あなたの骨盤だいじょうぶ?   am11時〜am11時半
        授乳ショー&スリングショー   am11時半〜pm12時半
        お産の部屋をのぞいてみよう   お芝居    pm3時半〜4時  
    ビデオ上映(水中出産ほか)  随時
        タッチカウンセリング
        相談コーナー(お産・子育て・母乳-授乳 など)
        展示コーナー(助産婦マップ・お産-子育て壁新聞・おすすめの本・授乳服・スリング・おんぶひも など)
        体験コーナー(赤ちゃん体験・妊婦体験)
        遊びコーナー(布おもちゃを使って‐手作り体験もできます)

    主催:「M&M神戸」 母と子の幸せのために活動しているM(mother母)とM(midwife助産師)の自主グループです
    後援:兵庫県,神戸市,神戸市助産師会

    問い合わせ先: e-mail mm_kobe_hyogo@yahoo.co.jp (塩田)    TEL&FAX 078-843-8676 (塩田) 078-341-8339 (国本)

    ☆先着30名様には先輩ママさん達によるハンドマッサージ&なんでも相談のサービスがあります。

    チラシはこちらでご覧になれます。
    http://ameblo.jp/iiosan-kobe/

  2. 経済産業省 IT経営百選 最優秀賞受賞

    画像(180x146)・拡大画像(640x521)

    IT経営百選は、経営戦略やITの活用実態が優れ、中小企業経営者の目標となるような企業を選出しています。

    モーハウスは平成18年度の最優秀賞を受賞しました。


    http://www.itouentai.jp/hyakusen/index.html
    http://www.itouentai.jp/hyakusen/h18/list_h18.html

  3. ファッションショーが茨城新聞で掲載されました

    画像(180x165)・拡大画像(518x477)

    茨城新聞 2006.10.24 
    「eye2006」
    〜自分らしく子育て 機能的でオシャレな授乳服〜

    10月14日に東京ウィメンズプラザで行ったファッションショーの模様が特集されました。

  4. 子育て中のあなたに夢への架け橋講演会

    第18回KYOのあけぼのフェスティバル

    子育て中のあなたに夢への架け橋講演会

    子育て中だからって、”夢”をあきらめてはいませんか?
    たくさんの生き方暮らし方がある中で、“子育てを経験したからこそ“すてきな世界が広がった方々のお話をお届けします。

    日 時 10月15日(日) 13:00〜15:30
    場 所 京都府女性総合センター(京都テルサ東館2階)
    対 象 子育て中の方・子育て支援に関心のある方・どなたでも
    参加費 無料
    保育  無料

    メインゲスト
    モーハウス 光畑 由佳さん
    「ほしいものを作りました。快適”授乳服」

    自身の経験を通して作った”オシャレ”で”人目を気にせずおっぱいを上げられる”新しい授乳服。「赤ちゃんが欲しがるときに、いつでもどこでも、すぐにおっぱいをあげられる服・・・。こんな服があったら、赤ちゃん連れでもどんどん外出できる!と、いろいろな情報を集め、リサーチした結果、結局自分でつくってしまいました。」という光畑さんは、3人のお子さんのお母さん。
    現在のスタッフ(ほとんどが0〜5歳の子どもの母)で運営し、その半数近くが職場で子どもと共に仕事をしているモーハウスのお話をたっぷりお聞きしましょう。
    「子どもを育てる」という自然な行為になぜかつきまとう困難なイメージ、不自由さ、焦り、閉塞感。それらの”なぜ?“という疑問にも明るい光が見えるといいですね。

    パネラー
    スリンパ 小嶋 美沙子さん
     子育ての中で出会った”スリング“その使いやすさに感激! でも、町で見かける人の中には”危ない””しんどいのでは?”と使い方が気になって仕方がない人が・・・。「だったら、使い方を教えよう」という思いではじめた”スリンパ”。そんな体験談をお話くださいます。

    パネラー
    ドリームナッピーズ 田村 美帆さん
     布のおむつで子育てをしている時、「どのオムツカバーももうひとつ・・・」と思った田村さん。インターネットでいろいろ探すうちに、海外で作られているたくさんの素敵なオムツカバーに遭遇。「しんどいと思う布オムツでの子育ても、こんなにかわいいオムツカバーがあればと輸入し、ネットで紹介されています。

    主催 京の子育てネットワーク 地域ネットワーク事業実行委員会
    宇治子育てを楽しむ会/亀岡子育てネットワーク/京都子育てネットワーク/やましろ子育てネットワーク

    <「夢へのかけ橋講演会」への参加と保育のお申し込みについて>

    ■講演会への参加のお申し込みは10月12(木)まで(定員30名)※当日席に余裕があれば、当日も可
    〔申 込 先〕 京の子育てネットワーク地域ネットワーク事業実行委員会事務局(京都府こども未来室)
    TEL:075-414-4581  FAX:075-414-4586  E-mail:jido@pref.kyoto.lg.jp 
    ※お名前、電話番号をお知らせください。

    ■無料保育ルームのお申し込みは10月6日(金)まで  ※当日申し込みには対応できません。
    〔申 込 先〕生後6か月以上から就学前のお子さまの場合 京都府女性政策課TEL:075-414-4292
    ※生後6か月未満のお子さまについては、別にお部屋を設けますので、保育をご希望の場合は、上記実行委員会事務局(京都府こども未来室 TEL:075-414-4581)までお申し込みください。(定員7名、先着順)

    〔申込内容〕 ?保護者氏名  ?お子さんの名前と年齢(月齢) ?連絡先(TEL・FAX)
    ※お申し込みの際、京のあけぼのフェスティバル「夢へのかけ橋講演会」への参加の旨、お伝えください。





  5. 朝日新聞

    画像(152x180)・拡大画像(541x640)

    ファッションショー開催が紹介されました

おすすめ記事

  1. モーハウスは、ジョイセフ東北被災者支援として物資を支援しています。
ページ上部へ戻る