モーハウス【子ども用授乳服製作プロジェクト】とは


今まで、スタッフたちの妄想会議の中で何度か「こんなのあったらいいな」と話が出ていた「子ども用授乳服」。

おままごとする際に赤ちゃんのお世話は定番だけど、授乳ツールは哺乳瓶が多く…
そこで、おままごとに授乳服を、という取組みです。

クラウドファンディング (1)

モーハウス本社のある茨城県で活動を始めた「クラウドファンディング」サービスCAMPFIRE(キャンプファイヤー)のお声掛けで、モーハウスが初めてクラウドファンディングに挑戦しました。

クラウドファンディグのページ(応募期間終了)はこちら
https://camp-fire.jp/projects/view/7354

クラウドファンディングには、たくさんの方々のご支援、情報拡散のご協力を得て、ようやく「子ども用授乳服」の製作(試作)に取り掛かることができました。

このページでは、何故「子ども用授乳服」を作ろうと思ったか、から、クラウドファンディングでの取り組み、取り組みの中でわかってきた母乳育児にまつわる問題点、このプロジェクトに支援してくださった方々の声などを不定期更新でお伝えしていきます。

【子ども用授乳服】ご支援者さまメッセージ

ご支援者さまからメッセージをご紹介します あきばよしえ さま 授乳服をきっかけにして、多様性が大切にされ尊重される社会になりますように!! 茂垣 直樹 さま 子ども用授乳服でどんな暮らしが始まるのか。楽しみです! とのう […]

【子ども用授乳服】施設へ寄贈させていただきました

<<子ども用授乳服を幼児教育施設(保育園、幼稚園)にプレゼントしませんか?>> この呼びかけに賛同いただいたみなさま。 本当にありがとうございます。 クラウドファンディングで、幼児教育施設(保育園、幼稚園)にこの子ども用 […]

【子ども用授乳服】アイテムのご紹介

おままごとの道具に「ミルクボトル」は数多くある中、母乳育児のグッズがない。 そんな当たり前のことに、モーハウスが社会的な問題提起をするために、挑戦したのが「子ども用授乳服製作プロジェクト」で、世界で初めて(?)授乳子ども […]

【子ども用授乳服】達成までの道のり秘話

子ども用授乳服製作プロジェクトは、2016年7月1日から9月19日まで、CAMPFIRE×TSUKUBA にてクラウドファンディングとして支援者を募集しました。 その軌跡を集めました。

おすすめ記事

  1. モーハウスは、ジョイセフ東北被災者支援として物資を支援しています。
ページ上部へ戻る