【子ども用授乳服】達成までの道のり秘話 #19


<みなさま、ご支援、ご協力ありがとうございました!>

みなさま、このプロジェクトにご支援ご声援をいただきましてありがとうございました。

突然ですが、NHKの連続テレビ小説は御覧になっていますか?

とと姉ちゃんのお母さんは着物ですね。

そして、とと姉ちゃんたちは洋装になります。

ブラを自分で作る型紙まで雑誌で取り扱っていました。高度成長期にさし変わり、ドラマの中も畳から椅子に座る文化もそろそろ登場するころかと思います。

着物から、洋装への大激変。衣環境がどっと変化する時代を経てきている中、生活様式もがらりと変わった、と、想像するだけでもそうとうの変化だったと思います。

そういう目で見ると、この100年、3世代で一気に生活様式が変わったのが感じられます。

 子育ては、それはそれは生活に密着したものだからこそ、様式が変わるだけで、どうすればよいのか、どうすればうまくいくのか、見えづらくなってしまうのかもしれません。

和装は、身八ツ口から授乳したり、合わせになっていた懐から授乳していたといわれています。民族衣装の多くは授乳しやすいんですね。洋装になり、いざ授乳しようと思った人はそれはそれは困ったんだと思います。

私たちは100年前に帰りたいという懐古主義をうたうこともなく、人が持っているはずの本来の姿を、次世代の子どもたちに受け継ぎたい。それだけのプロジェクトです。

このソーシャルアクションは、共感を周りの方に少しでも多く伝えていただくことが一番の狙いだと思っています。
この、授乳服をおままごとで使った子どもたちが将来どんな子育てを、楽しんでくれるか。
私たちの真価はそこにあるかもしれません。

 

この、プロジェクトが成功した奇跡に、ご支援いただいた皆様方と、そして多くのご意見をいただいた皆様に、感謝をするばかりです。

 

本当にありがとうございました。

おすすめ記事

  1. モーハウスは、ジョイセフ東北被災者支援として物資を支援しています。
ページ上部へ戻る