お知らせ

1.262017

【メディア】公共の場での授乳問題に一石を投じました

yahooニューストップで紹介いただき、また、朝日新聞デジタル版でも本日大きく写真入りでご紹介いただきました。

「公共の場での授乳」に関してネットで話題になっております。

SNSでの共有もコメント欄への投稿も集まっていますが、議論の対立軸は続いているようです。

どんどん授乳しなさい、というコメントも、ケープを使えばいいのでは、というコメントもある中、授乳服を使うことに関してはあまり出てきません。すでに解決済みなのでもう気にならない、という表れかもしれませんね。

ケープを使うことに関しては、否定はしないのですが、それ自体が授乳しているという看板を出すようなこととなり、周囲とぶつかることがあります。さらにケープ内の温度と二酸化炭素濃度が上がり嫌がった子どもにケープをめくり上げられるという事故も。。。そういう時に一番困るお母さんのことを思って「ケープが要らない授乳服」を作っています。

NHKオンラインにも紹介いただきましたが、そこで紹介いただいている「電車内での授乳動画」はこちらで紹介しております。

 

この動画を見た方から「泣きそうなのになぜ電車に乗るの?」という質問をいただきました。

お忍びで移動しながら授乳ができる。上のお子さんを待たせることも、移動先で待ち合わせている人も待たせない。

そして、周囲の方々にもご迷惑(どきどきさせることも含めて)をさせない。

そのストレスフリーを実現したくて、モーハウスは20年間活動を続けています。

奇しくも電車内での授乳体験はモーハウス創業のきっかけ。

公共の場での授乳について、対立しない解決策として今後も情報発信を進めたいと思います。

 

 

 

この記事をシェアする

過去の記事

  1. 11.102017

    お産とおっぱい大交流会 開催しました

    モーハウス20周年と、REBORN&母乳110番の25周年のお祝い交流会「お産とおっぱい大交流会」を...

  2. 10.32017

    11/3 モーハウス20周年目のイベント「みんなまとめておめでとう!お産とおっぱい大交流会」

    REBORN、授乳服メーカー「モーハウス」、母乳110番が合同で交流会を開きます。

  3. 10.22017

    11/3 公共の場での授乳を考える「全日本おっぱいサミット」

    公共の場での授乳をテーマに、イベントが開催されます。モーハウスも授乳ショーをトークの中で披露します。

おすすめ記事

  1. モーハウスは、ジョイセフ東北被災者支援として物資を支援しています。
ページ上部へ戻る