ブログ

第4回 正しい授乳とリラックス

授乳ノウハウシリーズ その1

 

前回は、話が脱線してしまいました。

今回は授乳のノウハウシリーズ(勝手にシリーズ化)その1、です。

 

授乳、とは。

 

なーんとなく赤ちゃんを横に抱いて、胸に近よせる、 すると赤ちゃんは口にくわえてくれる、と思っていませんか?

 

これは大きな勘違い。

 

いわゆる妊婦雑誌をめくってみても、必要物品カタログ状態。

授乳について詳しくは載っていません。

妊娠中はお産のことが心配で、それどころではない、という事でしょうか。

 

普通の説明は

(1)乳首を消毒します

(2)マッサージします

(3)赤ちゃんを抱いて飲ませます ……..というパターン。

 

こんな方法では授乳中に痛いし腕はだるいし、授乳後も痛いうえに疲れます。

 

ああ、母乳ってやっぱりに大変…..いえいえ、それは『正しい』授乳方法を知らないから。

 

楽な授乳イコール正しい授乳方法です。

 

キッパリ!

授乳風景を見たことのない人では、授乳のイメージが涌きにくいかもしれませんね。

 

授乳経験者でも「え?正しい方法ってあるの?」と思われたかもしれません。

 

わたし自身も系統だてて教わった事はありません。

 

前にも書きましたが、胸に長女の顔を押し付けて、 なかなかくわえないねえ、で終わった初回授乳、という立派な経歴があります。

 

その後独学でわかった、これを先に知られてちょうだいな!ということをまとめてみます。

 

ステップ1は『抱きかた』&『赤ちゃんの姿勢』。

ステップ2は『口へくわえさせる』。

 

これを知っていれば、誰でもプロ(?)の授乳生活者になれます。

 

 

赤ちゃんはバリバリの哺乳類。

 

哺乳類とは乳を吸う生き物、という意味ですね。

つまり乳を吸わないと生きていけない。

そのため生まれながらに持っている反射(考えなくても自然に体が動く仕組み)があります。

これを利用して授乳させるわけです。

 

この項は、あとで詳しく。

 

そして産後のホルモン変化とは、必ず乳汁分泌が起こるシステムになっています。

 

分泌を増やすには、赤ちゃんの力が必要ですが。 ……ので、こういう仕組みが備わっている私達、だれにでも母乳育児はできてしまうんです。

 

あとはちょっとしたコツだけ、ですな。

 

 

さて、そんな赤ちゃんに『上手に』吸ってもらうためには。

ステップ1の前に、まず、リラックス~。

 

これが一番大事なんです。

イライラしたり落ち着かない状態では出るものもでません。これホント。

(これについても書きたい事がああ….忘れないようにします)

 

はじめての赤ちゃんだと授乳にも時間がかかるもの。

 

長い時間を苦しい体勢で過ごすと、授乳は苦痛、と感じてしまいます。

よりかかる、もたれるための枕、クッション、巻いたりたたんだバスタオルなどはありますか?

大きいマグにお茶を準備したり、タオルやティッシュを手元に、 TV&ビデオのリモコンや雑誌や本を用意しても良いですー。

 

(この項もいろいろ追加が。授乳の時は、目を合わせて話し掛けながら、と教科書には書いてあります。

 新生児期に1日10~12回、1時間ずつ、そんな事…….できない私。

 なので楽しく授乳するためのノウハウに入ってます)

 

反対に必要のない物品は、清浄綿。 授乳前に乳首を消毒すると言われていますが、母乳には殺菌成分が入っています。

授乳の前に、すこーし絞って乳首をぬらすことで十分消毒の効果はあります。

 

清浄綿を使うと保護膜となる自然の油分もなくなってしまうので、乳首の痛みにつながります。

母乳育児では、わざわざ「消毒」はいらないんです。

 

ほーら、気楽になってきませんか?

while helping increase the speed of the cameras’ startup
christina aguilera weight loss NYKA Karate In Poghkeepsie NY Offers Karate For Pre

man the table
black pornLynx WOMEN’S MARILYN FASHION CART BAG
xvideos
この記事をシェアする

関連記事

おすすめ記事

  1. モーハウスは、ジョイセフ東北被災者支援として物資を支援しています。
ページ上部へ戻る